フィリピン留学中の体調管理は?

留学生活を充実させる為にも
体調管理は万全に!

    • A保険や身のまわりに関して

 

フィリピンは南国なのでもちろん屋外は暑いのですが、バスの中やレストランなどはエアコンが強い場合が多いです。
室内と屋外の温度差がかなりあるので風邪を引きやすいです。フィリピンでも風薬を買うことは可能ですが、普段から飲まれている薬を持参することをおすすめします。
注)特に持病がある方などは、同じ薬を現地で入手することが難しい可能性も御座いますので常備薬をお忘れなく。

★風邪にはこれ
★頭痛・歯痛時の鎮痛剤は
★虫刺されが気になる場合は
★虫刺されには


フィリピンは日本と違い飲み水にも気を付けなくてはなりません、飲食店などで注文したドリンクに入っていた氷、野菜を洗った水やうがいや洗顔の時に飲んでしまった水でも、お腹を壊してしまう場合があります。
下痢になってしまった場合は下痢止めなどを飲んで無理に下痢を止めるよりも、体に入ってしまった毒素を自然な形で体外に出す方が良いのですが授業などに差支えがある場合などは下痢止めも必要かもしれません。
注)症状が長引いたり深刻な場合は先生に症状を伝え病院に連れて行ってもらってください。

★軟便・下痢・食あたり・はき下し・水あたり・くだり腹・消化不良による下痢・むし歯痛

★軟便・便秘・胃部・腹部膨満感・消化不良・胃もたれ・食欲不振・食べ過ぎ

ハードコンタクトをされている方は普段から使われているケア用品を持参されることをおすすめします。
紛失してしまった時のことを考えて、予備を持つことも大切ですし、衛生面などのことも考えるとワンデーコンタクトの方がより安心かと思われます。

★ハードコンタクト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでのフォローお願いします。

*▼コチラから▼*

フィリピン留学・無料相談・お問い合わせ

フィリピン留学・無料相談・お問い合わせ

【無料】
相談・お問い合わせ

少しでも不安なことがありましたら、何でも気軽にご相談ください!

あなたのお悩みに真剣に向き合います!