学校周辺の環境の変化 in 2017

フィリピンの治安向上2017

気になる学校周辺と街の治安

英語学習に集中する為にも治安の良さは重要なポイントです!

元々学校の在るターラックは治安が不安視されるフィリピンの中でも比較的安全な地域ではありますが、先日ターラックの街を散策してみましたところ、2017年になり特に治安に対する安心感が増したと実感しました。

フィリピンの学生

ターラックは大学など教育施設が点在する教育都市でもありますので、多くの学生さんを見かけます。学生さん達が普通におしゃべりをしながら歩いている様子を見ると安心できる街だなと改めて思います。

ターラックの街の様子1

ターラックだけではなくフィリピン全体に言えることですが、治安が良くなっているのはドゥテルテ大統領の徹底したドラッグ廃止政策の効果の表れだと、地元の方が話してくれました。

フィリピンのテレビ放送・ドゥテルテ大統領

滞在中、たまたま見たテレビでもドゥテルテ大統領のニュースが放送されていました。

フィリピンのテレビ放送・ドゥテルテ大統領

ターラックの街の人

マニラやセブのように日本人をあまり見かけることがないターラックでは、日本人が街を歩いていればどうしても目立ってしまいますので、陽気な現地の方や街の子ども達に「こんにちは~!」「おはよう!」「ホンマでっか!?」などと知っている日本語で声を掛けられることがあります。フィリピンに来て初めて街を歩く留学生の方はびっくりされるかもしれませんが、地元の皆さんはとてもフレンドリーなので、緊張気味で歩いているこちらの表情も彼らに声を掛けられると自然とほころんでしまいます。

覆面トライシクル

街に出ると頻繁に見かけることになると思いますが、サングラスとタオルで顔を完全に隠している人がいます。一見、怖そうですが、日焼けと排気ガスを避けるために顔を覆っているトライシクルやジプニーのドライバーです。銀行強盗目的で顔を覆ってしまっているのではありません。

恐いトライシクルドライバー

ショッピングモールの入り口などでは、この人達に「乗らないか!?」「何処から来た!?」「日本人か!?」「何処まで行く!?」などと一斉に声を掛けられるとさすがにビックリすることはありますが、必要がなけれな無視して大丈夫です。

注)トライシクルドライバーの中にはまれにしつこい人もいます。日本でもしつこい客引きがいるのと同じでどこにでも同じような人はいるので必要が無ければ徹底して無視です。
注)治安は良くありつつありますが、過信は禁物です。すべては自己責任でお願いします。

ショッピングや映画を観に行きたかったり、ATMに行く際には気軽に学校スタッフに声を掛けてくださいね。喜んでガイドさせていただきます。

SNSでのフォローお願いします。