【3/1更新】新型コロナウイルスに関する情報入手・フィリピン留学

【3/1更新】新型コロナウイルスに関する情報入手・フィリピン留学

新型コロナウイルスに関して、フィリピン留学を予定している方に重要なお知らです。

本日スクールオーナーがクラーク入国管理オフィスに行き確認してきました情報をお伝えします。

現在、フィリピンへの入国が制限されている国と地域は、ホンコン、中国全土、マカオ、韓国となっております、日本人の入国は認められていますが、すべての海外からの乗客は熱やせき、風邪の症状がないかをチェックされます。陰性であれば問題なく入国することができます。

TEMPORARY TRAVEL BAN, As of 26 FEBRUARY 2020

新型コロナウイルスに関して、フィリピン留学を予定している方に重要なお知らです。

I have been to Clark immigration. As of today, people from Hong Kong. China, Macau, and South Korea people have travel banned to enter Philippines. Japanese are allowed to enter. All foreigner passenger must under go to the thermal quarantine to check if they have fever, cough or cold. If negative, the visitor can pass the immigration.

楽観視はできませんが、現在のところフィリピンでは新型コロナウイルスの発症者も3名と日本よりも少なく、気温や湿度も高く、人間の免疫力が保ちやすい環境であるためウイルスの感染も広がっておりません。

APSEでは、ウイルス対策も含め、生徒様が安心して学習に集中できるような環境を整えております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでのフォローお願いします。

Translate »