留学の流れ

留学の流れ・留学準備・ステップ

留学準備・ステップ

留学をしてみたいと思ったら、まず、何をしたらいいのでしょう?
留学準備といっても何から始めたらよいのでしょうか?
留学申込みから必要な持ち物など留学までのステップを詳しく紹介します!

1. 留学してみたいなぁ~と思ったら!

フィリピン留学に関しての疑問や不安を可能な限り取り除き、充実した留学生活を送れますことを第一として考えております。
留学に興味を持った時点でのご相談・お問い合わせ、よろこんでお受けいたします。
まずはお気軽にご連絡ください。

2. パスポートの申請・有効期限の確認

フィリピンに渡航するためにはパスポートの残存期限が6ヶ月+滞在予定日数のパスポートが必要となります。
フィリピン留学を計画した際には、パスポートの申請と有効期限のご確認を、お忘れのないようにお願い致します。
通常、パスポートの更新申請は、地元の市役所等で申請する場合、約2週間、各自治体のパスポートセンターでも約1週間かかってしまいますので渡航予定が決まりましたら、余裕を持って申請・更新の手続きをお願い致します。
パスポートの申請・更新に関しては
外務省のHP(パスポートの申請から受領まで)
パスポート申請窓口一覧をご確認下さい。
注)パスポートや航空券、eチケットは紛失に備えて2枚ずつコピーし別々のカバンに入れて保管してください。
紛失した場合、証明の資料として利用できます。

3. 入学の申し込み

希望日程や滞在期間などお決まりでしたらお伝えください。
学校の空き状況を確認いたします。
確認後、入学が可能であれば、お見積もりを作成させていただきます。
お見積もりをご確認後、入学のお申込みとなります。
「お申込みフォーム」に必要事項をご入力後お送りください。
折り返し「ご予約内容確認書兼ご請求書」を送らせていただきます。
注)お申込み時点で20歳未満の方は、保護者の同意書が必要です。
注)お申し込みの前には、出発・帰国予定日の航空チケットの取得が可能かどうかも調べておいてください。
年末年始などの大型連休と重なっている場合などは航空チケットが取りにくい場合も御座います。

4. フィリピン留学前に予習をしよう!

フィリピンに行ったら毎日マンツーマンレッスンが受けられ十分な学習時間があるのは確かなのですが、特に文法に関しては、渡比前にしっかりと予習しておくことが重要です。
当然フィリピンでも文法は学習することになりますが、不慣れな英語で文法の説明を受けるよりも、事前に基礎的な文法をしっかりと頭に入れておけばより深く英語を理解することができます。
加えて、日本でもスカイプなどを利用したマンツーマンレッスンを受けられる「オンライン英会話」があります。
「オンライン英会話」を利用して実際の英会話に慣れておくこともオススメです。
多くの「オンライン英会話」では無料体験レッスンを受けることが可能ですので、まずは無料体験を試してみてもよいでしょう。
「オンライン英会話」に関しては下記のリンクからご確認いただけます。
「オンライン英会話・無料体験レッスン!」

5. 費用のお支払

正式に予約をしてから1週間以内に、指定の銀行口座に入学金10,800円(税込み)と希望滞在期間の学費・寮費のお振り込みをしていただきます。
注)(お見積もり・ご請求金額は当日の米ドルレートを日本円に換算してお伝え致します。)
入学金・学費・寮費を除く全ての費用は、学校に到着してからお支払いしていただきます。
注)お支払はクレジットカード及びトラベラーチェックのご利用はできません。
現地でのお支払い分に関しては、フィリピン通貨のペソでお支払いください。
注)振込手数料はお客様負担でお願い致します。
また、御振込時に各金融機関が発行する振込証明書を領収書とさせていただきます。

6. 航空チケットの予約

インターネットや旅行会社、航空会社を通じて、空港お出迎えの日程に合わせてチケットを予約してください。
学校の出迎えスタッフに正確な到着日時を伝えるために必要となりますので、航空チケット購入後、コピーの送付をお願い致します。
注)航空券は往復でご予約ください。
また、紛失に備えてコピーを別に保管してください。
フィリピンでは帰国または第3国に出国するチケットがない場合に、入国が拒否されることがあります。
注)パスポートの英文名前とチケットの英文名前が一致するよう予約してください。

7. 海外旅行傷害保険の加入

留学中の病気、事故、物を紛失した場合に必要になるのが海外旅行傷害保険です。
留学される方には会社や種類は問わずですが、必ず保険に入るようお願い致します。
クレジットカード付帯保険もご利用可能ですが、付帯保険ではカバーしきれない事態や制限事項がありますのでクレジットカードの付帯保険を利用したい場合はカード会社に電話をして、付帯保険の適用される条件がご自身の納得できる保証を得られているか等を必ずご確認お願い致します。

8. 持ち物の準備・確認

持ち物リストをご確認の上、ご自身に必要な持ち物をお揃えください。

9. 最終確認・そして出発!

出発2時間前には空港に到着し、出国手続きを行ってください。
食事や買い物は全ての手続きが終わってからお時間の余裕を持ってお願い致します。
ご不明な点があれば空港案内デスクを利用してください。
—両替に関して—
日本の空港の一部の両替所、セブマクタン空港・マニラ空港・街の両替商でも両替は可能です。
日本の空港は現地の空港や両替商に比べるとレートはよくありません。現地で両替することが可能な方は現地の両替所を利用することもオススメできますが、初めての方等は、必要となる金額 (少額) をあらかじめ日本の空港で両替された方がよいでしょう。

10. 現地空港到着・出迎え

—入国審査—
飛行機から降りると、まず入国審査を通過しなければなりません。
入国審査ではパスポートと帰国航空チケット、機内で記入した入国カードを提出します。
普通は何の質問もされないので特に心配する必要はありません。
もしも、旅行の目的を聞かれたら「Travel!」と答えて問題ありません。
注)入国カードを機内でもらい忘れた場合は、審査ブースにもあります。

注)書式は予告なく変更になる場合があります。
—手荷物受取—
手荷物を預けた方は入国審査が通過後
手荷物が取れる場所に行って自分の手荷物を探してください。
—税関審査—
手荷物を取って出口から出ると税関審査を受けることになります。
機内で記入した税関申告書を提出後、手荷物検査などの手続きがあります。
特別な場合を除き通過できます。

注)書式は予告なく変更になる場合があります。
—出迎えスタッフに会う—
出迎えスタッフに会うためには、空港の外にある待ち合わせの場所まで行かなければなりません。
荷物を受け取り税関審査を通過し空港から出る人の行列に着いていき、外の待ち合わせの場所で学校名や自分の名前が書いてあるプラカードを探してください。
出迎えスタッフが交通渋滞などにより、多少遅れる事があるかもしれませんが、その時も待ち合わせ場所から離れずにお待ちください。
注)親しげに日本語で話しかけてくる人が近寄って来ても、ついて行かないようご注意ください。
注)出迎えを待つ場所は、ご利用される航空会社によって異なります。

11. 学校到着

学校到着後、到着時間にもよりますがスタッフから、部屋の設備や食事・授業スケジュール等の説明があります。(到着便によっては学校到着が深夜になる場合があります。)
必要な物の買物や両替、現金の引き出し等はスクールオーナーもしくは、スタッフが付き添ってくれますので、お気軽にお申し出ください。

いよいよ、留学生活の始まりです!!!

SNSでのフォローお願いします。

*▼コチラから▼*

フィリピン留学・無料相談・お問い合わせ

フィリピン留学・無料相談・お問い合わせ

【無料】
相談・お問い合わせ

少しでも不安なことがありましたら、何でも気軽にご相談ください!

あなたのお悩みに真剣に向き合います!

Translate »