top
まずは話を聞いて相談
無料個別相談
60秒でかんたん申し込み
留学を申し込む

本日の為替レート

Exchange Rate USD: 木, 23 5月.

投稿日:2024年5月4日/更新日:2024年5月4日

フィリピンでもこんなに地域で違う!都市別の留学先まとめ

フィリピン留学というとどのようなイメージを持っていますか。

東南アジアの雰囲気?
南国のリゾート気分!
ちょっと田舎での留学生活!?

実はどれも正解です。

フィリピンは東南アジアですが、地域により滞在のスタイルが選択できるんです。

私たちは、マニラから郊外にあるターラックという場所のAPSEという私立学校で留学を支援しています。

この記事では、フィリピンの多くの留学地域とターラックの比較ができます。是非、他の地域と比較して、ターラックへ興味を持っていただけたら大変うれしいです。

都市によって違うフィリピン

フィリピンは都市により雰囲気が違います。

フィリピンは赤道に近い亜熱帯地域の国ですが、場所によっては涼しい場所もあったり。発展途上国と思われがちですが、マニラの中心部へ訪れると都市と思える場所もあります。

訪れる地域により印象が変わるフィリピンは、何回も留学に訪れる人は地域を変える方もいるほど。

例えば、都会を味わうならマニラに、海を感じるならセブ島へ行く人もいます。田舎を味わえるターラックをはじめとする平野や山間部。海と山で留学を選べるのもフィリピンの魅力となっています。ぜひ、フィリピンの多種多様な地域を知り、留学先を選んでみてください。

【大まかなフィリピン各地の特徴】

マニラ:首都で、日本から行きやすく、地域により雰囲気が違う場合も。日本人は多い

セブ島:リゾート地で日本人には人気の地域。語学学校は多く、日本人が多めで人気の留学先

ダバオ:マイナーな地域でゆったりとした留学が可能。語学学校は少なく日本人は少ない

バギオ:高原地帯でフィリピンの中でも涼しく、初心者よりも留学経験者向け。日本人は少ない

ターラック:マニラから3時間ほどの郊外都市。ショッピングセンターなどもあり、日本人は少ない

自然の違いを感じられるフィリピン

フィリピンには自然が多く感じられる地域があります。セブ島をはじめとする海岸線はリゾート地で、ルソン島の北部は山間部です。南北で雰囲気が違うのもフィリピンの魅力の一つでしょう。フィリピンには自然がいっぱいありますので、学校終わりや休日にビーチや渓谷などへ訪れることもできます。

都市によって英語のレベルは違うのか

実際のところフィリピンの地域により英語力の違いはあまりないでしょう。それよりも学校の種類により変わってきます。

例えば、日本人経営の語学学校や韓国人経営、現地の人の経営の学校で違ったりもします。

韓国人の経営だとスパルタ教育だったりする傾向も。韓国人経営の学校では、食事が韓国料理だったりして、海外らしさを楽しめたりもします。フィリピン留学では、学校によってはスパルタ校と言い、勉強の時間が長時間になります。そういった学校では、授業日は外出禁止など多くのルールがあるので、留学先を選ぶ際は事前に確認するようにしてください。

ただし、英語力を上げるなら最初にスパルタ校へ留学をして、基礎学力をつけることも英語力を伸ばす一つの手です。

気になる学費について!?

学費は都市部と郊外であまり大差はないでしょう。

フィリピンでは、学校により金額が変化するケースが多いです。特に、寮生活が一般的なフィリピンでは、滞在場所が綺麗だったり、一人部屋だと高くなります。学校によっては、寮により金額が違うケースも。

また、フィリピンの場合、寮生活の居住先が綺麗だったりすると高くなります。

学校で金額は決まっていますので、申し込み前に予算を確認しましょう。

フィリピンへの渡航費用は、一般的に日本から直行便が多いマニラが一番格安傾向。また、郊外へ行くほど、航空券やマニラから乗り換えが必要となりあ移動費が高くなります。バギオやターラックはマニラに比べて、物価は安いですが、移動費がかかりますので、注意が必要です。

航空券はLCCやセールなどで購入すると安くできたりもします。

フィリピン留学の費用をおすすめの学校別に徹底比較!

比較する都市

フィリピンは都市により雰囲気が変わります。地域を選ぶのも留学先を選ぶ一つの楽しみ。具体的な人気の留学地の詳細をご紹介します。

フィリピン最大のマニラ

フィリピン最大の都市であり、首都のマニラ。語学学校は多く、日本から直行便も豊富なことから人気の高い留学先です。日本から国際線も豊富で、訪れやすい地域となっています。語学学校の多くは、空港からも近く、利便性もばっちりです。

ショッピングセンターをはじめ、水族館など観光施設もいっぱい。休日に観光するなら、マニラは見所が多く飽きることもないでしょう。その点、マニラは治安は悪く、場所によっては危険な箇所もあります。滞在の際は深夜に出かけないなど、注意することも必要になってきます。

【体験談】フィリピン留学 マニラ観光編 in Fort Santiago / サンチャゴ要塞

リゾート地のセブ島

フィリピンのリゾート地。自然が好きな人にはおすすめ!セブ島へ留学した人は、学校終わりにビーチへ行ったり、休日は海を楽しめます。

セブ島では、南国のリゾート地を味わえるのも特徴。マリンスポーツが好きない人には是非訪れてほしい留学先と言えるでしょう。日本人にも人気な留学地なので、語学学校は多いですが、必然的に日本人がいっぱいいます。セブ島へ訪れると、学校で授業を楽しみ、休日はリゾート気分を愉しめます。

フィリピン第三の都市ダバオ

マニラ、セブ島に次ぐ、フィリピン第三の都市。マニラと比べると郊外の雰囲気が強い地域となり、穴場的な留学地と言えます。ダバオ近郊には綺麗なビーチもあり、休日はゆったりリゾート気分を楽しめます。マニラとセブのいいとこどりとも。

英語を学びたいなら、ダバオへ行くのも悪くないでしょう。留学先で英語が伸びる理由は、日本人が少ない地域ほど、英語力が伸びるとも。フィリピンには多くの都市がありますので、二回目以降の人には違うフィリピンを知ることもできます。

学園都市のバギオ

首都マニラからバスで6時間ほどの高原地帯。蒸し暑いフィリピンでも高原地帯という事もあり、涼しい地域となっています。交通の便が悪く、語学学校は限られますが、学園都市と言えるバギオは世界各国から留学生も訪れています。

バギオにはほとんど日本人はいないので、逆に1回目からバギオへ行くのも楽しめるでしょう。フィリピン留学を一度経験していたり、田舎を楽しむなら、バギオ留学がおすすめです。

留学をして、他の人とは少し違ったフィリピン留学を楽しむのも経験の一つになりますよ。

私立学校で留学のターラック

APSEの私立学校で留学ができるターラック。フィリピンでの留学生活は多くが語学学校になっていますが、ターラックは現地の私立学校での留学です。語学学校ではなく、現地の子供たちと勉強を一緒にできるのはとても貴重な経験と言えるでしょう。また、寮生活ではなく、ホームステイなので、英語を24時間使用して生活ができます。

語学学校ではなく現地の学校で勉強することで、現地の人とも仲良くなり、そこは貴重な体験と言えます。

 

フィリピンの中でもターラック留学!英語が伸びる理由と向いている人

 

フィリピン各地とターラックの比較

今回、APSEがあるターラックという地域はどういった特徴があり、他の地域と比較をしてみます。

マニラVSターラック

マニラとターラックの違いで言うと、学校の選びやすさが、マニラとターラックでは大きな差が特徴です。マニラは語学学校の豊富さがあります。しかし、その反面マニラには日本人が多く集まり、フィリピンへ留学へ来たという感覚は少ないかもしれません。特に留学ではローカル感を感じるのも楽しみの一つ。

生活をする点では、ショッピングセンターはターラックにはあります。ターラックでの生活はマニラとはあまり不便を感じることはないでしょう。また、ターラックのほうが治安がいいので、学校以外の時間で外出もしやすい環境にもなっています。物価の安さで言うと断然マニラよりターラックをおすすめします。

セブ島VSターラック

セブ島とターラックではリゾート地と山という事で違いがあります。セブ島は南国のリゾート地。ターラックは平地に近い田舎地帯です。毎週のように海へ行きたいなら、セブ島を選ぶのがいいでしょう。

ただし、セブ島は日本人が一番多く留学をするとも言われているフィリピンの留学先です。英語を学ぶという部分では、日本人がいない環境を選ぶことも大切です。セブ島はリゾート地ですが、田舎の雰囲気がするターラックでゆったり過ごすのもいいですよ。

ターラックでホームステイをするものも悪くない!

マニラやセブ島は語学学校は日本人が多く、英語の環境になるなら他の地域を勧めます。その点、ターラックは、治安の良さではとても安心して留学できます。

特にマニラは治安が悪く、場所によっては凶悪事件に遭遇することも。学校によっては夜間の外出は禁止しているケースもあります。また、ターラックでのホームステイは欧米に比べて安いのも、魅力の一つです。

オーストラリアと比較するとターラックでのホームステイはオーストラリアの3分の1ほどの金額です!

【ホームステイの金額比較(一例)】

フィリピンのターラックでのホームステイ金額:週2000ペソ(1ペソ=275円)約5500円

オーストラリアでのホームステイ金額:週300オーストラリアドル(1オーストラリアドル=100円)約3万円

 

フィリピン各地を比較して理想の留学を!

優先順位第一位は安全です!ウイルス対策と再開への準備

今回はフィリピンの各地域とターラックの比較を紹介しました。初めてフィリピンへ留学する人はどの地域にすると迷うと思います。あまり聞かないターラックという地域だからこそ、APSEのターラック留学は穴場ともいえます。ぜひ、この記事を参考に、留学地域を決めてみてはどうでしょうか。

 

フィリピン留学へ興味が出たらAPSEへ

フィリピン留学オンライン相談

留学前にどんな留学すればいいのか分からないときはAPSEへご相談ください。留学経験豊富なスタッフが対応いたします。

もし、フィリピン留学を考えているなら、お気軽にご連絡ください。

無料のオンライン相談

大人気の無料オンライン相談も随時実施しています!

PICK UP

PICK UP