top
まずは話を聞いて相談
無料個別相談
60秒でかんたん申し込み
留学を申し込む

本日の為替レート

Exchange Rate USD: 月, 24 6月.

投稿日:2024年3月16日/更新日:2024年3月20日

読めばわかる!フィリピン留学と欧米の語学学校の経験者が英語勉強内容の違いを紹介!

フィリピン留学はメリットがない!

留学を考えている人の中には、上のような記事やネットの情報を見たことはないでしょうか。

yahoo掲示板などを検索すると、「フィリピン留学はお金の無駄なのではないか」「フィリピン留学は欧米の留学に比べて良くないのではないか」そんな、投稿を目にします。

私はフィリピン留学後にオーストラリアへ留学しました。

その中で感じたことは、フィリピン留学で英語を勉強し、欧米へ行くのが最適!

この記事ではフィリピン留学と欧米留学、両者の違いを紹介します。

フィリピン留学は欧米留学と違い、いい点が多い!

留学というとオーストラリアやヨーロッパ、アメリカなどをイメージするでしょう。正直、私もフィリピン留学があることを知らず。オーストラリアへの留学を申込み後、不安に思いフィリピン留学を申し込みました。

初めてフィリピンへ訪れた時は、欧米留学のイメージとは120%違うものでした。

 

最初は思っていた留学生活と違うと悩みましたが、帰国時には申し込んでよかったというのが感想です。

フィリピン留学のメリットとデメリット

【体験談】医学部の学生さんから嬉しいお言葉をいただきました!

フィリピン留学にはメリットとデメリットがあります。

フィリピン留学へ行く前に予備知識を得ることで、現地へ行ってからの戸惑いも少なくなるでしょう。

フィリピン留学のメリット

まずは、フィリピン留学のメリットをみていきましょう。ここはフィリピン留学を考えている人にとって一番知りたい部分だと思います。

メリット1:留学費用が安い

フィリピン留学の一番のメリットは留学費用が格安なことです。フィリピン留学は数万円台から行くことも可能となっています。

欧米留学と違いフィリピンは寮生活となるため、滞在中にかかる費用も欧米に比べて安く済みます。学校+寮代も含めた金額を支払うのが一般的なので、現地へ行ってかかる費用も少ないのが特徴です。ターラック留学はホームステイのため、滞在費が安い分、大学生も気軽に参加しています。

メリット2:ヨーロッパやアメリカと比べて時差が少ない

リモートワークをされている社会人の方などにも、フィリピン留学は特におすすめです。例えば、ヨーロッパやアメリカの場合、時差が半日レベルとなるので、日本との連絡は深夜や早朝になることも。

その点フィリピンは日本と時差が1時間なので連絡が取りやすい環境になります。

メリット3:欧米に比べて授業時間が多い

フィリピン留学へ行った一番の感想は、授業時間が多かったという事です。多い時は、朝8時から夜19時ぐらいまで、みっちり授業を受けていました。

オーストラリアの語学学校滞在時は朝9時から授業が始まり、15時前には帰宅。フィリピンの時と比べて、1日当たり多い時で4時間ぐらい授業の時間数が違いました。週5日だと、授業時間は20時間も違ってきます。

メリット4:マンツーマンの会話が中心のため、スピーキングが伸びる

フィリピン留学の英語力が伸びる最大の特徴はマンツーマン授業です。最初はマンツーマンの授業ということで、とても緊張するでしょう。しかし、先生とマンツーマンで話す授業はクラスで受けるより格段に話す機会があります。

スピーキングの内容は、「日本で何をしていたの?」とか「フィリピンに来て慣れてきた?」とか日常的な内容から始まり、慣れてきたら文法など個別指導もしてくれます。APSEでは、日中のほとんどは学校滞在となりますので、小さな子どもから高校生くらいの年代の子ども達との会話によってスピーキング力が自然と鍛えられます。

フィリピン留学のデメリット

フィリピン留学APSE-サンチャゴ要塞/Fort Santiago

フィリピン留学のデメリットはなんでしょうか?
留学会社によっては、デメリットを出さずに、いいところだけを紹介する会社もあります。しかし、申し込んでみたら、実際と違っていたという話も聞きます。

落胆したまま納得ができない留学生活を送ってほしくないので、デメリットも正直に書きたいと思っています。

デメリット1:欧米と比べて自由時間は少ない

欧米留学と比べてフィリピン留学は自由時間が少なく感じました。授業時間も多いため、自宅へ帰ったら疲れて寝ちゃうことも。また、予習や復習で夜遅くなり、外出できるのは週末になってしまいます。

デメリット2:欧米と比べて治安と衛生面は良くない

やはり治安という面では欧米より良くないかもしれません。また、衛生面も、日本と比べて良いとは言えないでしょう。生ものなどは食中毒の原因にもなるので、食べない方が安心です。

デメリット3:イギリスやアメリカという雰囲気はない

海外留学すると観光地へ訪れて、写真を撮りたいですよね。ニューヨークの自由の女神やロンドンの風景は留学の思い出にもなります。それに比べてフィリピンは留学でイメージする海外というより、東南アジアの雰囲気に近いです。

しかし、フィリピンにも異国を感じるところもあるので、それを楽しむのも思い出になりますよ。

デメリット4:東南アジアので蒸し暑い気候

正直、フィリピンは日本の夏を1日中過ごしているような感じです。蒸し暑く、夏が苦手な人にはきついのかなぁと思いました。年中通して湿気も多いので、そのあたりは覚悟した方がいいかもしれません。

欧米留学のメリットとデメリット

欧米留学にもメリットとデメリットもあります。フィリピン留学ではなく、欧米の留学を考えている人も知っていて損がない情報になります。

欧米留学のメリット

夢に見ていたアメリカやオーストラリアなどでの留学生活が始まります。海外留学して、英語力の強化をしましょう。

メリット1:憧れの海外生活を実現!

海外へ来たと感じられるのが欧米留学です。留学でシドニーのオペラハウスを初めて見た時は、本当に夢に見たオーストラリア留学ができたんだと、改めて実感しました。

オーストラリアで過ごす毎日は、夢のような日々でした。海外旅行とは違い留学する場合、銀行やスーパーなどを利用すると改めて海外へ来たんだと感じていたことを覚えています。

メリット2:勉強をしながら海外の生活を知れる

フィリピン留学では学校がある日は、寮生活と学校の往復で疲れていまいます。その点、欧米の語学学校では夕方前に授業が終わり、学校終わりにカフェや買い物も。現地で日常会話をしてコミュニケーションを取ることで日本では学ばない言い方などを知ることもできます。

メリット3:現地の人とも仲良くなれる

フィリピン留学では現地の人とあまり仲良くなれる機会がありません。治安の悪さもあるので、現地の人と仲良くなると詐欺や犯罪に巻き込まれる危険もあります。その点、欧米留学なら、現地や各国から来る留学生と一緒に食事をしたりできます。現地の人とも仲良くなれる機会も多いでしょう。

欧米留学のデメリット

欧米留学にはデメリットもあります。デメリットを知っておくことで、フィリピン留学を考える参考にもなります。

デメリット1:費用が高い

欧米留学はフィリピン留学に比べて費用が高くなります。物価の違いもありますが、欧米留学は学校の申し込み費用以外にもシェアハウス代などの家賃や生活費も必要です。航空券もフィリピンなら往復で数万円ですが、ヨーロッパやアメリカなど長距離路線は往復だけで数十万円するケースも少なくありません。

デメリット2:授業時間が短い

欧米留学はフィリピン留学に比べて勉強時間が短いと感じました。授業後に予習や復習を自分でやれたらいいのですが、自分で勉強しないと、語学力が上がりにくい傾向です。

その点、フィリピンでは缶詰に近い状態で英語を学べるので、英語を喋れない初心者でも、基礎学力がつきます。

デメリット3:勉強以外の誘惑も多い

欧米の留学では勉強以外にも誘惑がいっぱいあります。例えば、宿題をやらずに学校終わりにカフェへ行きスイーツを食べたり。休みの日は観光へ行き、帰ってきたら勉強をせずに就寝。欧米へ留学だと誘惑が多く、それらに負けてしまう人も少なくありません。

フィリピン留学後に欧米留学して良かったと思った点

私はフィリピンへ留学後、オーストラリアへ留学しました。フィリピンは、オーストラリアへ行く前の練習になり、本当によかったと思っています。

フィリピンで勉強したことをオーストラリアで活かせた

最近では、オーストラリア留学前にフィリピンへ行くのが主流になりつつあります。理由として、フィリピン留学で基礎学力をつけて、留学することで、とても効果があると意見があるからです。

私もフィリピンへ訪れてよかったと感じました。オーストラリアでは、学んだことを活かせたので大きな意味があったでしょう。フィリピンで勉強したので、オーストラリアへ行く前に自信がついた点も大きかったです。ターラックではホームステイに小学校へ滞在するのでよりコミュニケーションを強化できますよ。

長期留学前に練習になった

私はフィリピン留学をしたことで、オーストラリアへ行く練習にもなったと思っています。オーストラリアへ行く際は必要な荷物ばかりを持参できました。フィリピンではこれを持ってくれば、よかったと思っていたものも多数あり、失敗も多かったです。

その点、長期留学では、フィリピンでの失敗を生かせました。長期留学時に一時帰国しなかったのは、フィリピンに一度行っていた点もあったでしょう。

最初から長期留学が不安という人は、短期で訪れた後で、長期へ行くというのが安心です!

実家暮らしの人は一人暮らしの経験もできる

私は留学するまで、ずっと実家暮らしでした。一人で暮らすのが、どんな感じなのかなぁとイメージができていませんでした。

留学経験者の中には留学するまで一人暮らしをしたことがない人もちらほら。一度、海外生活していたことで、オーストラリアでは安心して暮らせました。初めの一人暮らしの人には、ターラック留学はホームステイなので家事などもの負担も少なく、勉強に専念できます!

結論 フィリピン留学後に欧米留学へ

初心者には、フィリピン留学がとても向いています。フィリピン留学することで、欧米へ行った直後からコミュニケーションが取れます。また、長期留学を申し込むのはちょっと自信がない方は、短期のフィリピン留学をしてみるのもいいでしょう。フィリピンで英語力を高めて欧米へ行くことで、最低限のコミュニケーションが取れる状態になれます。

欧米へ行く前に、フィリピン留学することでより効果的な留学生活が送れますよ。

 

もし、迷ったら留学会社へ相談を

フィリピン留学問い合わせ

留学前にどんな留学すればいいのか分からないときはAPSEへご相談ください。留学会社では、あなたにあった留学プランのアドバイスもしています。

もし、留学前に不安な時はお気軽にご連絡ください。

 

無料のオンライン相談

 

 

PICK UP

PICK UP