top
まずは話を聞いて相談
無料個別相談
60秒でかんたん申し込み
留学を申し込む

本日の為替レート

Exchange Rate USD: 月, 24 6月.

投稿日:2024年3月25日/更新日:2024年4月12日

フィリピン留学の効果を期間別に体験談からまとめてみた

 英語学習における効果的な方法として注目されているのがフィリピン留学です。留学期間によって得られる成果や感想は様々です。口コミや体験談をもとに、留学期間ごとの効果を探ってみましょう。この記事では、2週間、1ヶ月と期間ごとに変化する留学生の感想を通じて、フィリピン留学の魅力をご紹介します。

 

 2週間のフィリピン留学で得られる効果

 2週間のフィリピン留学は、英語力を向上させる絶好の機会です。現地の環境でのマンツーマンレッスンや日常会話により、英語に対する抵抗感が減少し、自信がつきます。

 また、フィリピン留学では異文化への理解が深まり、コミュニケーション能力も向上します。このような経験は短期間でも得られ、将来のキャリアや人生に大きな影響を与えるでしょう。

 

英語を話すことに抵抗がなくなる

 フィリピンでの2週間の留学は、英語を話す上での抵抗感を克服するのに最適な機会です。フィリピン留学では、生徒と先生が1対1で授業を行うマンツーマンレッスンや少人数のグループでのレッスンが多く、英語を話しやすい環境で行われます。また、フィリピンの学校ではEOP(English Only Policy)という、英語以外の言葉を授業中に使ってはいけないルールがあります。

 そのため、レッスンの時間以外でも友達との会話は英語で行うことになります。現地の環境で英語が日常的に使われるため、自然な会話の中で英語力が向上します。このような環境に身を置くことによって、英語に触れる機会が増え、自然と英語を話すことに抵抗がなくなります。

 

今後の英語学習へのモチベーションになる

 フィリピン留学は、短期間でも英語学習のモチベーションを高める貴重な経験です。先生や友達と英語でのコミュニケーションをとることによって、自分の意思が伝わったときに、自分の英語力の向上を実感することで自信が湧いてきます。一方で、意思が伝わらない場面に遭遇することもあり、その時にはより上達したいという意欲が湧き起こります。

 また、2週間にわたって彼らとコミュニケーションを取り続けることで、相手の意図をジェスチャーや表情から察し、理解する力が身につきます。2週間という短い期間でも、このような経験は英語力の向上だけでなく、将来の英語学習のモチベーションに大きな影響を与えます。

 

今後のフィリピン長期留学のための下見になる

 フィリピン留学では、学校の選択が極めて重要になります。長期留学を検討する際、選んだ学校が自分に合わない場合、大きなリスクが生じます。そのため、2週間の滞在を通じて、学校を実際に見学したり、週末に周辺環境を探索したりすることで自分に合った場所を見つけることができます。また、現地の生活や文化に触れることで、将来の留学生活に向けた準備やイメージを具体化することができます。

 

2週間で最大限に英語力を上げるコツとは

 2週間の留学で英語力を最大限に伸ばすためには、積極的にコミュニケーションを取ることが重要です。授業や日常生活で英語を使う機会を積極的に活用し、恐れずに会話に参加しましょう。また、リスニングやスピーキングの練習を積極的に行うことも大切です。自分の言いたいことを表現するために、繰り返し練習することで自信がつきます。2週間の留学期間を有効活用し、英語力の向上に努めましょう。

 初心者の人が2週間で英語を習得するのはかなり厳しい?

 初心者の方が2週間の留学で英語を完全に習得するのは、厳しいと言えます。日常英会話の習得には時間がかかるため、2週間の短期間では限られた成果しか得られない場合があります。しかし、積極的なコミュニケーションや学習意欲を持ち、効果的な学習方法を取り入れれば、基礎的な英語スキルを向上させることはできます。2週間のフィリピン留学期間では、約100時間の勉強時間が確保され、英語に対する抵抗を克服し、意思疎通能力を向上させることが可能です。

 留学前に目標をしっかり持つことが大切

 スピーキング力を伸ばすためにフィリピン留学を選んだ方が、TOEICのスコアが上がらずに落胆することがよくあります。高得点を取るためには、TOEICの勉強が必要です。留学の目的を見失わないようにするためにも、留学前に明確な目標を立てることが重要です。自分の目標や希望するスキルを明確にし、それに向かって集中的に取り組むことで、短期間でも成果を上げることができます。目標を持つことで学習の方向性が明確になり、効率的な学習が可能となります。

留学前から英語の勉強をしておこう

 期間の長さにかかわらず、留学に行けば英語が話せるようになるというのは誤解です。フィリピン留学ではマンツーマンレッスンが多いため、アウトプットの機会が豊富です。そのため、留学先で日本で行える文法や単語の勉強を行うことは、勿体ないことです。留学を控える際には、事前に英語の勉強を行うことが重要です。自分の目標やレベルに合わせた勉強計画を立て、積極的に英語のリスニング、スピーキング、リーディング、ライティングなどのスキルを鍛えましょう。

 また、英会話力を高めるためには実践的な練習が欠かせません。日常会話やアウトプットの機会を増やし、自信をつけることが大切です。留学前からの努力が、留学生活をより充実させることに繋がります。

 

 1ヶ月のフィリピン留学で得られる効果

 フィリピン留学を1ヶ月しただけで、果たしてどれほどの効果が得られるのか、疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれません。実際に、スピーキング力において大きな成長を感じることは難しいかもしれません。その理由としては、英語のスピーキング能力を向上させることが他のスキルよりも難しく、成長を実感しにくいからです。

 しかし、マンツーマンレッスンを通じて自然なコミュニケーションを身につけ、実践的な英会話力を磨くことができます。また、異文化の中で新しい経験をすることで、柔軟性や自信を高められるでしょう。1ヶ月の留学を通じて積極性を身につけ、失敗やミスを恐れずに挑戦する姿勢を養うことができます。そのため、1ヶ月の留学によってメンタル面での成長も期待できるでしょう。

英語の基礎を学べる

 1ヶ月のフィリピン留学は、英語の基礎を学ぶには最適な環境です。集中して学べる環境で英語の基礎を確立し、TOEICの点数向上や将来的な英語学習の準備をする方にぴったりです。

 さらに、フィリピン留学ではマンツーマンレッスンを通じて、外国の方との1対1のコミュニケーションに慣れることで、日常会話レベルの英語を自然に身につけることができます。

現地の人とのつながりができる

 1ヶ月のフィリピン留学では、現地の人々との豊かなつながりを築くことができます。フィリピンは親日国であり、温かい歓迎を受けることが一般的です。地元の人々との交流を通じて、文化や習慣に触れ、新たな視点を得ることができます。また、フィリピン人は陽気で社交的な性格が多いため、自然な形で友人関係を築くことができます。

 最近ではブラジルやロシアなど世界各国からの留学生も増えています。このような留学生の多様性が、フィリピン留学を通して世界中に人脈を広げたいと考える方にとって魅力的な要素となっています。フィリピンでの留学生活は、言語学習だけでなく、異文化理解や国際交流の観点からも貴重なものとなるでしょう。

休日にフィリピン観光ができる

 1ヶ月間のフィリピン留学では、授業がない休日にフィリピンの美しい観光地を訪れることができます。フィリピンは7,600以上の島々から成り立つ国であり、世界でも屈指の美しいビーチ・リゾートが点在しています。これらの観光スポットは世界中から注目を集めており、留学中に訪れることで素晴らしい思い出を作ることができ、語学学習において適度な息抜きにもなります。また、休日に在学中にできた友人と一緒にマリンスポーツ体験をするなど、留学生活をより充実させる機会としても楽しめます。

 留学期間1ヶ月で効果を最大にするコツとは

優先順位第一位は安全です!ウイルス対策と再開への準備

 1ヶ月の留学期間を最大限に活用するためのコツは、毎日の積極的な英語学習と積極的なコミュニケーションです。授業や日常生活の中で、恥ずかしがらずに英語を使い、周囲の人々とコミュニケーションを図りましょう。また、自分の目標や興味に合わせたプログラムやアクティビティに参加し、新しい経験を積極的に楽しむことも大切です。自己学習や復習も欠かさず行い、日々の成長を実感しましょう。

 授業の数を多く取りすぎない

 留学期間中、授業スケジュールを過密にすると、効果的な学習が妨げられることがあります。1日に受ける授業数を過度に増やすと、復習や予習に十分な時間を取ることが難しくなります。また、過密なスケジュールは疲れやストレスを引き起こし、学習意欲を低下させる可能性があります。授業数を適切に調整し、学習の質を重視することが大切です。余裕を持って授業を受けることで、効果的な学習が可能となり、最終的に英語力の向上につながります。

自分の希望に沿って授業を調整

 フィリピン留学では、一般的な欧米の語学留学とは異なり、留学生一人ひとりの学習ニーズや目標に合わせて、マンツーマンレッスンが主体となっています。このため、自分の希望に応じて授業内容を調整することができます。

 通常の語学学校では、スピーキング、リスニング、ライティング、リーディングをバランスよく学習します。しかしながら、1ヶ月の期間では、全ての技能を完璧に身につけるよりも、自身が伸ばしたいスキルに焦点を当て、留学生が自身の学習目標に向けて集中的に取り組むことが最大限の効果を得るために重要です。

積極的に発言していく

 1ヶ月のフィリピン留学では、積極的に発言していくことが非常に重要です。間違った英語を話しても、自信を持って発言することや失敗を恐れずにコミュニケーションを取ることが成長につながります。講師やクラスメートとの対話だけでなく、日常生活の中でも積極的に英語でコミュニケーションをとることで、英語力アップにつながります。

 講師が自分の英語を理解できたからといって、現地の人にも理解されるとは限りません。なぜなら、講師は発音がよくない英語を聞き取ることに慣れているため、正しくない英語でも意思疎通が可能な場合があるからです。

 誤りを恐れずに街に出て現地の人とコミュニケーションを取り、自分の英語力を試し、改善していくことが大切になります。そのことで、自分の成長を感じることができますし、自信をつけることができるでしょう。

 目的に合った期間を設定することが大切

 フィリピン留学を成功させるためには、目的に合った留学期間を設定することが極めて重要です。留学期間を適切に設定することで、自分の目標や学習スタイルに合ったコースを選ぶことができます。短期留学では基礎的な英語力の向上や文化体験を重視し、長期留学ではより深い英語の習得や現地での生活体験に重点を置くことができます。

 また、目的に合った留学期間を設定することで、十分な準備期間を持つことができ、留学前の課題や目標を明確にすることができます。さらに、留学期間を適切に設定することで、効率的に留学費用や滞在費用をコントロールすることができます。つまり、目的に合った留学期間を設定することは、留学生活をより充実させるための重要なステップになるでしょう。

 

PICK UP

PICK UP