top
まずは話を聞いて相談
無料個別相談
60秒でかんたん申し込み
留学を申し込む

本日の為替レート

Exchange Rate USD: 水, 24 7月.

投稿日:2024年6月23日/更新日:2024年6月22日

フィリピン人が英語を話せるのはなぜ?フィリピン留学がおすすめな理由

 フィリピンは、多くの国際的な学生が英語を学ぶために訪れる人気の留学先となっています。その理由の一つとして、フィリピン人の高い英語力が挙げられます。歴史的背景として、フィリピンはかつてアメリカの植民地であったため、英語教育が早くから導入され、今日に至るまで広く普及しています。

 また、フィリピンの英語教育は質が高く、比較的低コストで受けられる点も魅力的です。この記事では、なぜフィリピン人が英語を話せるのかということについて、徹底的に解説していきます。フィリピン留学がおすすめな理由も合わせて詳しく紹介していきます。留学先を決める参考にしてみて下さい。

なぜフィリピン人は英語を話せるのか?

 フィリピンの人口は約1億人ですが、その9割以上が英語を話せると言われています。それも実用レベルで話せる人が多いです。その理由について詳しく見ていきましょう。

小学校から大学までの英語教育

 フィリピン人が英語を話せる理由は、小学校から大学までの一貫した英語教育にあります。フィリピンでは、初等教育から高等教育に至るまで、英語が主要な教育言語として採用されています。特に理数系や社会科などの主要科目は英語で教えられるため、生徒たちは幼少期から英語に親しみ、自然に習得していきます。

 このような徹底した英語教育のおかげで、フィリピン人は高い英語力を身につけ、国際的な場でも活躍できるスキルを備えています。

 英語を使う環境が多いから

 フィリピン人が英語を話せる理由の一つに、英語を使う環境が豊富である点が挙げられます。フィリピンでは、英語が公用語の一つとして広く認識され、教育やビジネス、行政の場面で日常的に使用されています。先程もお伝えした通り、小学校から大学までの教育課程において、主要科目は英語で教えられ、生徒たちは幼少期から英語に親しむ機会が多いです。

 さらに、メディアやエンターテインメントでも英語が主流で、テレビ番組、映画、音楽などを通じて日常的に英語に触れる環境が整っています。このように、フィリピンでは日常生活のあらゆる場面で英語が使われているため、自然と高い英語力が身につきます。多くのフィリピン人が流暢に英語を話せるのは、このような英語を使う環境が日常生活に根付いているからだといえます。

タガログ語と英語が似ているから

 フィリピン人が英語を話せる理由の一つに、タガログ語と英語の類似性が挙げられます。タガログ語には多くの英語由来の単語が含まれており、日常会話の中で自然と英語の語彙に触れる機会が豊富です。例えば、フィリピンでは「テーブル」や「トレイン」などの英単語がそのままタガログ語として使われています。

 さらに、フィリピンの教育制度では、幼少期から英語が主要科目として教えられ、家庭内でも英語が使われることが多いです。これにより、子どもたちは英語とタガログ語の両方に親しみながら成長します。こうした環境の中で、フィリピン人は自然と英語を習得しやすくなります。タガログ語と英語の類似性が、フィリピン人の高い英語力の背景にある重要な要素となっているのです。

英語スキルで就職の幅が広がるから

 フィリピン人が英語を話せる理由の一つに、英語スキルが就職の幅を広げるという点があります。フィリピンでは、英語が公用語の一つとして広く使用されており、ビジネスや行政、教育の分野で不可欠な言語です。そのため、英語力が高いことは就職市場で非常に有利に働きます。企業の多くは、英語でのコミュニケーション能力を重要視しており、特に国際的な取引や顧客対応が必要な職種では必須となっています。また、コールセンターやBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)などの業界では、英語力が高い人材が求められており、高い給与やキャリアの機会が提供されます。

 こうした背景から、フィリピン人は幼少期から英語を熱心に学び、スキルを磨くことに努めます。英語を話せることで、国内外問わず多様な職業に就くチャンスが広がるため、英語力の向上が生活の向上につながると認識されています。

フィリピンで英語が多用されているのはなぜ?

 フィリピンで英語が多用されている背景には、歴史的な経緯と社会的な要因が深く関わっています。また、グローバル化が進む現代において、英語力は国際競争力を高める重要なスキルとなっており、フィリピン人にとって不可欠な言語となっています。英語の普及が進むことで、フィリピンの経済発展や国際交流が一層促進されています。次は歴史についても解説していきます。

フィリピンの歴史は英語と深い関係がある

 フィリピンの歴史は英語と深い関係があります。19世紀末から20世紀初頭にかけて、フィリピンはアメリカの植民地となり、この時期に英語が公用語として導入されました。アメリカ統治時代には、教育制度の改革が行われ、英語が主要な教育言語となりました。

 これにより、フィリピン人は幼少期から英語に触れる機会が増え、社会全体で英語が広く普及しました。独立後も、英語は公用語の一つとして残り、政府、ビジネス、メディアなど多くの分野で使用されています。特に教育分野では、英語が重要な科目として位置づけられ、各級学校で必修となっています。

 このような歴史的背景により、フィリピンでは英語が日常生活の一部となり、多くの国民が高い英語力を持つようになりました。フィリピンの歴史を振り返ると、英語の普及が国の発展に寄与していることが明確にわかります。

英語が意思疎通のための言語としてよく使われる

 フィリピンでは、英語が広く意思疎通の手段として利用されています。同国の公用語の一つであり、教育、ビジネス、政府機関など、多くの場面で重要な役割を果たしています。

 さらに、フィリピンは多民族国家であり、多様な言語が存在します。これにより、異なる言語を話す人々の間で共通の意思疎通手段として英語が用いられることが多いのです。観光業やアウトソーシング産業が発展している背景もあり、英語の使用は国内外のビジネスや交流を円滑に進めるための重要なツールとなっています。

 よって、フィリピンにおける英語の役割は、社会の多くの側面で欠かせないものとなっており、国際的なコミュニケーションの場でも重要な位置を占めています。

フィリピン人の英語講師の特徴は?

 フィリピン人の国民性は明るくて初めて会う人とでも、あまり抵抗感なく話せる人が多いと言われています。フィリピン人全員がそうとは言えませんが、英語講師の場合には、フィリピン人ならではの明るい性格を持っている人が多いと言えるでしょう。フレンドリーな性格で親切な講師のレッスンで、楽しみながら効率よく英語が学べるでしょう。

フィリピンの英語学校が日本人に人気な理由は?

 フィリピンの英語学校が日本人に人気な理由はいくつかあります。まず第一に、フィリピンは日本から比較的近い場所に位置し、気候も温暖なため、留学しやすい環境が整っています。また、フィリピン人の英語講師は親しみやすく、教育レベルも高いため、日本人留学生にとって学習しやすい環境が整っています。 

 また、日本との時差も少ないため、日本人留学生が故郷とのコミュニケーションを容易に保つことができます。これらの理由から、フィリピンの英語学校は日本人留学生にとって魅力的な選択肢となっています。

英語を勉強する人の気持ちがわかるから

 フィリピン留学において、フィリピン人英語講師は英語を学ぶ留学生の気持ちを深く理解しています。多くのフィリピン人は、英語が第二言語であり、自らも英語を習得する過程を経験してきています。そのため、英語学習の難しさや挫折感、そして成功体験を熟知しています。

 フィリピン人英語講師は、生徒が直面する困難や不安を共感しながら指導することができます。そのため講師たちは、自分たちが乗り越えた課題を踏まえ、生徒に適切なアドバイスをしてくれます。具体的な学習法や発音のコツ、リスニングの練習方法など、実践的な指導が行えるのは、講師たちの経験に基づくものです。

 また、フィリピンの教育制度は英語教育に力を入れており、高い指導力を持つ講師が多いことも魅力です。このように、フィリピン人英語講師は、英語学習者に寄り添い、効果的な学習支援を提供することができるため、フィリピン留学は多くの留学生にとって理想的な選択肢となっています。

フィリピンの英語環境が留学におすすめ

 フィリピンの英語環境が留学生にとっておすすめな理由は、英語が広く使われているため、日常生活で実践的な英語力を身につけやすい点にあります。教育制度も英語教育に力を入れており、質の高い指導が受けられます。フィリピン人の親しみやすさとサポート精神も魅力であり、留学費用が比較的低いことも大きな利点です。

 これらの要素が揃っているフィリピンは、英語力を向上させる理想的な留学先と言えます。



PICK UP

PICK UP