top
まずは話を聞いて相談
無料個別相談
60秒でかんたん申し込み
留学を申し込む

本日の為替レート

Exchange Rate USD: 水, 24 7月.

投稿日:2024年6月22日/更新日:2024年6月22日

社会人留学も可能!1週間の短期留学でフィリピンをおすすめする理由

社会人になって留学なんて夢の話?

円安も進み、海外旅行なんて贅沢なんて人いませんか。そんな中、フィリピン留学は日本から近くて、気軽に短期留学ができるのが人気となっています。

フィリピンの語学学校には「授業数が多い」「マンツーマンでコミュニケーションが豊富」という特徴があり、短期留学でも効果的です。

この記事では、社会人が1週間のフィリピン留学のメリットや効果と費用をご紹介いたします。フィリピン留学に興味がある方は、ぜひ最後までお読みください。

APSEでフィリピン留学の特徴

  • フィリピンは公用語が英語
  • 現地の人に教えてもらえる
  • 他の外国と違い、格安で留学ができる
  • ホームステイなので、自宅でも英語が学べる

社会人がフィリピンへ一週間留学は価値があるのか?

フィリピン留学は短期的でも効果あると言われています。その特徴としてはスパルタ教育でしょう。フィリピンは他の国とは違い、勉強時間が多く設定されています。

APSEでは、現地の私立学校で勉強するので、現地の子供と一緒になって英語を学べます。また、マンツーマン授業で短期的集中型レッスンを受けられるところも特徴の一つです。

フィリピン留学の中でも、貴重な体験ができると同時に英語をスパルタ的に学習ができます。英語漬け環境に身を投じたいと思われる方にとってはホームステイができるのは大きな利点です。

フィリピン留学の効果を期間別に体験談からまとめてみた

留学は現地の英語に触れる最高の時間!

フィリピンの主要言語は英語となっています。厳密には英語以外にも現地のタガログ語などありますが。主要都市では英語での会話が基本です。

フィリピンの発音はアジア圏に近く日本人でも聞き取りやすいのが特徴となっています。特に、留学が初めての人は欧米英語へ耳が慣れるまでに時間がかかります。フィリピン留学は日本人向けと言えるでしょう。

フィリピンなら社会人でも1週間で効果的な留学が可能!

社会人で会社を辞めずに留学ができるのか?と思う人もいるでしょう。実際、社会人留学をしている人も多くいます。フィリピンは日本から約4時間のフライトとなるため、1週間の留学も可能です。APSEはフィリピンの首都マニラから約3時間ほど内陸に行った街ターラックにあります。

欧米の場合、往復の飛行時間だけで、1日ほど消費するケースも。社会人という限りがある時間だからこそ、フィリピン留学が活かせます。

フィリピンの場合、下記のスケジュールで留学も可能です。

フィリピン留学のスケジュール

日曜日の午前中に出国し、マニラからターラックへ

月曜日~金曜日が授業

土曜日朝にターラックを出発し、帰国

フィリピン留学がいい理由

留学はどこの国でもすることができます。しかし、社会人の短期留学ならフィリピンがおすすめです。そのおすすめの理由を見ていきます。

欧米に比べてフィリピン留学は費用が安い

まず、フィリピンは留学費用が安いことがあげられます。フィリピンの物価は日本の半額以下、欧米に比べたら、大幅に安いことも言えるでしょう。その傾向は、円安の影響もあり年々フィリピン留学の費用の安さを感じている留学生も多いようです。

また、航空券も年々上昇傾向。特に欧米はフライト時間も長いことから、燃油サーチャージ代も高くなっています。フィリピンは1週間で気軽に行ける渡航先として、留学費用を抑えられます。

1週間の休暇で留学ができる。

基本的に土日に現地へ到着し、月曜に入学式。金曜日が卒業式というプランが効率的です。フィリピンの場合、時差も少なく4時間程度のフライトということもあり、日曜日に渡航し月曜日に入学。金曜日に卒業して、土曜日に帰国が可能です。時差も1時間でフライト時間も4時間のフィリピンだからこそ、1週間という短期間でも充実した留学ができます。

1週間でできること

【体験談】フィリピン授業参観・ホームステイ・マンツーマンレッスンプラン

1週間の留学ですが、意外と長いようで短く感じるでしょう。しかし、1週間あれば、帰国時には英語力を伸ばすことも可能です。そんな1週間の留学で、できることをまとめてみます。

語学学校で授業を受ける

基本的に、APSEでは、子供と一緒に英語を学びます。一般的な語学学校では、海外の留学生が集まり英語を学びますので、学校内にはネイティブの生徒はいません。

その点、現地の子供と英語を話すことで、授業中も現地の人と会話が生まれます。APSEの強みであり、他の語学学校のカリキュラムと大きく違う点です。

マンツーマン授業

フィリピン留学の英語力が伸びる一番の理由はマンツーマン授業。これは、先生と生徒が個別指導のように話をすることで、生徒に応じたレベルで授業を受けることができます。

基本的に語学学校の授業では、このマンツーマン授業目当てに留学をする人もいるほど。

マンツーマン授業はフィリピン留学の特徴ともいえます。

ホームステイ

APSEの滞在先はホームステイとなります。ホームステイの特徴は、日常会話が学べることです。フィリピンの語学学校の多くは寮生活となりますが、寮生活だと勉強に打ち込めるという人もいますが、寮に帰ると日本語で友人と話してしまうことも多々。

その点、ホームステイでは、学校が終わっても英語の生活となるので、1週間みっちり英語の勉強ができます。

【体験談】医学部の学生さんから嬉しいお言葉をいただきました!

1週間の留学では難しいこと

1週間のフィリピン留学ではできることが多くあります。しかし、限られた時間という事もあり、できないことも多数。1週間の短期留学で不可能に近いことも紹介しておきます。

基本観光する時間はない

1週間の短期留学という限られた時間のため、観光はほぼできません。特にAPSEがあるのはフィリピンの中でもターラックというフィリピンの首都マニラからは3時間ほど、北上した場所です。1週間の留学中にフィリピン観光というのは無理でしょう。それだけ、1週間の短期留学中は英語を学ぶためだけに時間を使う方が大切です。

しかし、学校終わりに近くのスーパー等へ行き、フィリピンへ来たことを感じることは可能でしょう。

短期的にスコアが大幅に上がることは期待できない

留学へ行くことで、短期的にスコアが上がる期待を持つ人もいるかもしれません。しかし、1週間の勉強では不可能に近いです。留学をすることで、スコアが上がる可能性は高いですが、1週間で劇的に試験のスコアが上がるのは現実的ではありません。

日本語でも日本へ留学生が来て1週間で劇的に日本語が上手くなることはないでしょう。同じように、英語も急激に上がることは期待しない方がいいでしょう。ただし、1週間の留学をすることで自分の苦手な部分を知ることはできます。海外だからネイティブな英語に触れることは留学した意味があるものととるでしょう。

フィリピンでの短期留学を生かすために

2024年フィリピン留学

社会人の人でも、転職を考えている人も多いでしょう。日本企業から外資系や英語を使う企業では、テストのスコアも必要になってきます。1週間の短期留学でスコアを上げるきっかけにもなります。

自分の弱点を知る

留学をすることで、自分ができていない点も理解できるでしょう。「留学前は余裕と思っていたけど、現地へ行ったら全然違った。」初めての留学では誰もが挫折を経験します。自分は英語ができると思っていたのに実際は全然分からない。そんな人も少なくありません。

その経験があったからこそ、今の英語力がついたという人も少なくないでしょう。英語ができると思っていた人も、現地へ行ったら伝わらない。留学というのは、自分の弱点を知るのも意味でもあります。

TOEICやIELTSの試験対策も可能!

日本だと勉強に集中できない!そんな人でも、海外に来たら気分転換になります。日本人が弱いとされているリスニングやスピーキングは現地へ行くことでより伸びるでしょう。APSEでは、マンツーマンレッスンがありますので、より英語の勉強が進みます。

日本人が苦手な発音練習も、フィリピンでは学ぶことができるでしょう。1週間留学し、短期間でのスコアアップの流れを作ってみませんか。

フィリピン留学で期待できること

フィリピン留学で期待できることを最後に書いて、ぜひとも社会人の方に興味を持ってほしいと思っています。

英語の勉強のやる気がでる

英語の勉強をしても何のためにやっているのかわからない。そんな人には留学をしてやる気を出すことも大切です。留学をすることで、英語を勉強するやる気が自然と出てきます。日本で勉強をするよりも、モチベーションが上がることでしょう。現地で実際に英語に触れることは日本で机の上で勉強することより数百倍も価値のあることです。

会社員をしながら留学ができる

私は大学生の就活の時、社会人の方から「会社に就職したら暇がないので学生の内に遊んで旅行をすることが大切です。」と言われました。しかし、実際フィリピン留学は、会社に勤めながら留学の体験もできます。

私は社会人を経験が留学し、フィリピンへ行きました。学生の時代は留学をしたいと思っていた人も、金銭的に難しいケースも多いです。実際に夢のままの人も社会人になってフィリピン留学を経験するのは将来のビジョンにも大きく影響します。

結論:百聞は一見にしかず

留学は「百聞は一見にしかず」という言葉が当てはまります。意味は、人から聞いた話で終わらすのではなく、何事も自分で体験することが大事ということです。

英語の勉強も勉強しているだけでは身につかないです。実際現地へ行くことで、意味があります。また、社会人で留学をするということは、「会社員留学」を行うというのは絶対価値のある1週間になるはずです。

【体験談】APSEは快適であたたかくて最高だった!

フィリピン留学へ興味が出たらAPSEへ

留学前は多くの不安があります。留学前にどのようなことをすればいいのか。留学をする前に、相談をしてみるのはどうでしょうか。ぜひ、留学をする前に、APSEへご相談ください。留学経験豊富なスタッフが対応させていただきます。

この記事を見て、APSEに興味がありましたら、お気軽にご連絡ください。

フィリピン留学オンライン相談

大人気の無料オンライン相談も随時実施しています!まずは相談からご連絡お待ちしております。

 

 

PICK UP

PICK UP